MENU
カート

トレイルカメラの機能比較・注意点

2015年4月2日

防犯シーン


トレイルカメラの機能比較一覧

カメラを選ぶときに重要な機能、仕様、注意点をまとめました。

あなたの撮影シーンをイメージして最も適した機能・仕様のカメラを選ぶ必要があります。
機能比較しやすいようにまとめましたので参考にして下さい。

人感検知センサーを搭載しておりますが、これは温度の変化を検知して録画を自動で行います。

単なる動体検知とは異なり、人や動物の発する赤外線を利用した感知方法です。

動く物には反応せず、人や動物等が近づくと自動で撮影を行ないます。

人感センサーの実用距離や動作条件は商品により異なりますので商品説明を良く確認して下さい。

トレイルカメラの機能比較一覧表

商品画像をクリックすると商品詳細ページにジャンプします。

  赤外線ライト搭載トレイルカメラ(匠ブランド)『Radiant40』(ラディアント40) サンコー 自動録画監視カメラ「MPSC-12」 LT5210A2    
最大動画サイズ 1280×720 640×480    
動画サイズ切替    
静止画サイズ 4000×3000 4000×3000    
視野角 約42° 約52°    
最低照度    
microSD 最大32GB 最大32GB    
動体検知    
人感検知    
ボイスレコーダ    
不可視赤外線 ●(20m) ●(20m)    
可視赤外線    
暗視補正    
リモコン    
バイブレーション    
外部電源    
繰返し録画    
HDMI接続    
動画撮影時間 約80分 1〜60秒    
電源 単3×4 単3×4    
その他 外部出力 外部出力    

 トレイルカメラの商品一覧はこちら


最近の投稿

スポンサードリンク

この記事のトラックバック用URL